光触媒トラック荷台庫内衛生システムの導入事例として沼津市ホームページ上で紹介されています。

食品輸送(学校給食)

サンラインは、配送中も食の安全を守ります。

学校に給食を配送しています。

食品を扱う施設などでは、HACCPやISOなど衛生管理手法の導入が進んでいます。しかし、配送中の車両について明確な基準が定められておらず、衛生管理が疎かになりがちです。

サンラインは、安心で衛生的な配送をするための取り組みを行っています。

光触媒 トラック荷台庫内衛生システムの導入

光触媒の原理

光触媒とは、光が当たると雑菌・ウィルスなどを分解・除去する物質です。給食配送車両の荷台内壁面に塗布した光触媒は、荷台内の照明ユニット(蛍光灯)の光に反応し、有害物質を分解します。

消毒作業と併せて行うことで、より衛生的な環境を維持します。

効果:防泥、抗菌、脱臭
光触媒は、人および食品に対して無害です。

徹底的な消毒作業

車両と消毒風景

安心で衛生的な配送をするために、車両は徹底した消毒作業を行い、全てのドライバーに健康診断と毎月の保菌検査を行っています。

ページトップに戻る